real estate

賃貸物件に入居をする階層

賃貸物件は便利な面も不便な面もありますが、妥協をして暮らしていく事が大切になります。
賃貸物件の探し方として不動産屋に行ったりインターネットで不動産サイトを閲覧したり、
といった探し方が代表的な探し方となっています。
賃貸物件に住まう場合、防犯の面を考えると二階以上上に住んだ方が良いでしょう。
一階は誰もがベランダに侵入しやすい、
玄関のドアまで行く距離が短いために目撃される時間も短縮される、
といった理由から泥棒に入られやすいのです。
うちは男性の一人暮らしだから犯罪に遭いにくいし、
盗られて困るものなんて無いから泥棒なんて怖くない、
という人は一階に住んでも良いでしょう。
一階は家賃が安い傾向にあります。
一階の家賃が安い理由は、一階なので見晴らしが良くない、
上記のように泥棒に入られやすいので入居者が少ない、
上の階の足音などが響きやすい、一階はなんとなく貧相、
といった理由などがあります。
お金を大切にしたい人は一階に住んでみるのも良いのではないでしょうか。
たった数千円程度の家賃の違いとなりますが、
浮いた数千円でちょっと豪華な食事をする事はできます。
一階でも住めば都です。
防犯だけには気をつけるようにしたいですね。

多様な機能を持った家具たち

私が家具を購入するときに重視するのは、部屋と家具のサイズの一致や見た目のデザインなどももちろんですが、それ以外にもどのような機能があるかということをとても重視します。その機能というのは詳しく言うと多様な用途に使えるかということです。例えば今現在我が家にある家具で多様な用途に使えるものといえば、ベンチにもな…

賃貸物件に入居をする階層

賃貸物件は便利な面も不便な面もありますが、妥協をして暮らしていく事が大切になります。賃貸物件の探し方として不動産屋に行ったりインターネットで不動産サイトを閲覧したり、といった探し方が代表的な探し方となっています。賃貸物件に住まう場合、防犯の面を考えると二階以上上に住んだ方が良いでしょう。…

TOP